ピンクリボン活動とは

日本化薬ピンクリボンキャラクター KAYAMIちゃん

ピンクリボンとは

ピンクリボンとは乳がん啓発運動のシンボルマークです。1980年代のアメリカで、乳がんで亡くなった患者さんの家族が「同じ悲しみが繰り返されないように」と、ピンク色のリボンを手渡したことがきっかけとなったといわれています。ピンクリボンの由来には他にも説がありますが、いずれにしても「乳がんで悲しむ人を一人でも減らしたい」という願いが込められています。

世界のピンクリボン活動

ピンクリボン活動として、早期発見の大切さや、乳がんに関する正しい知識を知ってもらうために世界各地で様々な活動が行われています。欧米では、行政、市民団体、企業などが乳がんの早期発見のためのイベントを開催し、乳がんの啓発に努めています。ピンクリボン活動が盛んになり、人々の意識が変わって、マンモグラフィー検診が普及し、乳がんによる死亡率が低下しています。

日本におけるピンクリボン活動

日本でもここ数年、ピンクリボン活動が盛んになってきました。日本でも欧米にならって10月を「乳がん月間」としてNPO法人(J.POSH)や企業が様々なイベントを行っています。

ライトアップ

ライトアップ

乳がん月間にさっぽろテレビ塔や東京タワー、大阪の通天閣や神戸ポートタワーなど、各地域のシンボル的な建物がライトアップされます。10月1日にピンク色のライトアップを見つけたら、改めて乳がんのことを考えてみませんか。

ピンクリボンフェスティバル

ピンクリボンフェスティバル

毎年、東京や神戸、仙台などでスマイルウォークや、シンポジウムが開催されます。また、早期発見の大切さを伝えるポスターデザインを募集し、デザイン大賞を発表しています。

ピンクリボンフェスティバル公式サイト

ピンクリボンバッジ

ピンクリボンバッジ

全国各地の患者会やNPO法人、医療機関、企業などで作成された、乳がん啓発のためのオリジナルピンクリボンバッジも数多くあります。日本乳癌学会では、学会参加者によるご当地ピンクリボンバッジの人気投票も行われています。

ご利用ガイド

先頭に戻る