日本化薬における活動実績

日本化薬ピンクリボンキャラクター KAYAMIちゃん

日本化薬グループでは、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える

ピンクリボン活動を応援しています

毎年、罹患される方が増加している乳がん。日本化薬では、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるピンクリボン活動を応援しています。独自の啓発活動として、オリジナルキャラクター「Kayami」を作成し、毎年、10月のピンクリボン月間ではオリジナルキャンペーングッズの街頭配布を行っています。この活動は社員が参加して行っており、全社一丸となってピンクリボン活動に取り組んでいます。2007年からスタートしたこの活動は今年で10年目を迎えます。
「ピンクリボンキャンペーン」~街頭ノベルティ配布について(日本化薬オフィシャルサイト)

乳がん情報サイト「乳がんinfoナビ」の運営

乳がんの検診から治療全般にわたり乳腺専門医や薬剤師がわかりやすく解説するウェブサイト「乳がんinfoナビ」を運営しています。

キャンペーングッズの配布

ハンカチ[2016年配布]

乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを呼びかけるため、キャンペーングッズを毎年配布しています。 本社最寄り駅で例年行ってきましたが、2012年から全国事業場(日本化薬福山・厚狭工場・高崎工場・姫路工場・東京事業所等)の最寄り駅周辺で配布し、乳がん検診の大切さを呼びかけています。

意識向上の啓蒙活動

ピンクリボンステッカー

ピンクリボンに関して社内の意識向上をはかるため、社員がピンクリボンバッヂを着用し、自動車にステッカーを貼付しています。また、各事業所及び各営業所ではKayamiのぬいぐるみを掲示しています。

年度街頭配布の活動実績
20072007

ピンクリボン啓発グッズ(あぶらとり紙)の街頭配布

JR 飯田橋駅/東京メトロ 九段下駅

社員の取り組みとして

ピンクリボンバッジの着用

20082008

ピンクリボン啓発グッズ(あぶらとり紙)の街頭配布

JR 飯田橋駅/東京メトロ 九段下駅

ピンクリボン活動オリジナルキャラクター
「Kayami」の誕生

20092009

ピンクリボン啓発グッズ
(四葉のクローバー栽培キット)の街頭配布

JR 飯田橋駅/東京メトロ 九段下駅

社員の取り組みとして

「Kayami」ぬいぐるみ作成、全国の事務所に掲示
ピンクリボンバッジの着用

20102010

ピンクリボン啓発グッズ(タオルハンカチ)の街頭配布

JR 飯田橋駅/東京メトロ 九段下駅

社員の取り組みとして

「Kayami」ぬいぐるみ作成、全国の事務所に掲示
ピンクリボンバッジの着用/
 自動車用ピンクリボンステッカーの貼付

20112011

ピンクリボン啓発グッズ(タオルハンカチ)の街頭配布

JR 飯田橋駅/東京メトロ 九段下駅

社員の取り組みとして

ピンクリボンバッジの着用/
 自動車用ピンクリボンステッカーの貼付

20122012

ピンクリボン啓発グッズ(タオルハンカチ)の街頭配布

本社・全国事業所:日本化薬福山・厚狭・高崎・姫路・東京事業区等

約9,000枚配布

社員の取り組みとして

ピンクリボンバッジの着用/
 自動車用ピンクリボンステッカーの貼付

20132013

ピンクリボン啓発グッズ(タオルハンカチ)の配布

本社・厚狭・高崎・姫路・鹿島・東京事業区・日本化薬福山

約11,000枚配布

社員の取り組みとして

ピンクリボンバッジの着用

2014

ピンクリボン啓発グッズ(タオルハンカチ)の配布

本社・厚狭・高崎・姫路・鹿島・東京事業区・日本化薬福山・日本化薬東京等

約12,000枚配布

社員の取り組みとして

ピンクリボンバッジの着用

2015

ピンクリボン啓発グッズ(タオルハンカチ)の配布

本社・厚狭・高崎・姫路・鹿島・東京事業区・日本化薬福山・日本化薬東京等

約17,000枚配布

社員の取り組みとして

ピンクリボンバッジの着用

*海外グループ会社ISS(チェコ)でも独自にリーフレットとマグネットを作成し、ピンクリボン活動を行った。

2016

ピンクリボン啓発グッズ(タオルハンカチ)の配布

本社・西部支社・厚狭・高崎・姫路・鹿島・東京事業区・日本化薬福山・日本化薬東京等

約20,000枚配布

社員の取り組みとして

ピンクリボンバッジの着用

*海外グループ会社ISS(チェコ)、KSM(メキシコ)でも独自にノベルティを作成し、ピンクリボン活動を行った。

ご利用ガイド

先頭に戻る