乳がんの早期発見監修:東北医科薬科大学 乳腺・内分泌外科 教授 鈴木昭彦先生

  • 乳がんとは
  • 乳がん検診はなぜ大切?
  • 1ヵ月に1回の自己検診を

1ヵ月に1回の自己検診を

自己検診はなぜ必要?

乳がんは自分で発見できるがんの一つです。乳がん検診と合わせて自己検診を行うことで、乳がんの早期発見の可能性が高まります。乳がん検診の対象となっていない40歳未満の方や、乳がん検診で「異常なし」と言われた方でも、1ヵ月に1度の自己検診を行いましょう。まずは自分の乳房の状態を知ることが大切です。継続的に自己検診を行っていれば、いつもと違う乳房の変化に早く気づくはずです。(インタビュー岩瀬先生第1回)違和感を感じたら、専門施設を受診しましょう。
日本乳癌学会のホームページでは、日本乳癌学会認定・関連施設を、地域ごとに検索することが出来ます。

自己検診のポイント

閉経前の方は排卵から月経終了までは乳房が張っているため、自己検診は月経が終わってから1週間くらいの間に行います。閉経後の方は毎月、日にちを決めて行うと良いでしょう。例えば、毎月「自分の誕生した日にち」や「第1日曜日」というように決めておくのもオススメです。また、乳がんがもっとも出来やすい乳房の外側上部はもちろん、乳房の周囲を含めて全体をていねいに指で触れてみましょう。

自己検診をしてみましょう

1.目で見てチェック
鏡に向かって、乳房の大きさや形に左右差がないかをチェックします。皮膚に不自然なひきつれがないかも確認しましょう。
2.触ってチェック
うずを描くように手を動かしながら、しこりがないかをチェックします。指の腹で乳房を適度に圧迫し、ゆっくりとなでます。さらに、乳頭をつまみ、軽く搾るようにして、分泌物が出ないかをチェックします。
3.寝ながらチェック
あお向けに寝て、外側から内側へ向かって指を滑らせ、しこりがないかをチェックします。

どんな症状があるの?

乳がんの特徴的な症状は、痛みのないしこり、乳頭からの血性の分泌物、皮膚のひきつれです。
しこりは定期的に自己検診を行うことで見つけることができます。
乳管内にできたがんにより乳頭を搾ると、血性の分泌物が乳頭から出てくることがあります。
手を挙げた時に、乳腺にひきつれる感じがあったら、大切なサインです。
また、乳頭に湿疹やびらんがあれば、Paget病の可能性があります。
以上のような症状がみられたら、乳腺外科などの専門施設を受診するとよいでしょう。

監修者略歴

東北医科薬科大学 乳腺・内分泌外科 教授 鈴木昭彦先生

1992年 東北大学医学部卒業
1992年〜1995年 福島市大原総合病院にて外科研修
1995年 東北大学医学部 第2外科入局
2000年 東北大学大学院医学系研究科 卒業(医学博士)
2000年~2003年 米国コロンビア大学留学(病理学 Fellow)
2003年 5月 東北大学大学院医学系研究科腫瘍外科 医員
2003年10月 東北大学大学院医学系研究科腫瘍外科(乳腺・内分泌外科)助手
2008年 4月 同 講師
2009年 4月 八戸市立市民病院 乳腺外科部長
2011年 4月 東北大学病院乳腺内分泌外科 講師
2013年 7月 東北大学大学院 先端画像・ナノ医科学寄附講座 准教授
2017年 4月 東北医科薬科大学 乳腺・内分泌外科 教授

【資格・所属学会など】
日本外科学会専門医
日本乳癌学会専門医
日本乳癌検診学会評議員

ご利用ガイド

先頭に戻る